事業資金の融資の審査に通りやすくなるコツ

説明

金融機関から事業資金の融資を受けるには、審査を通過しないといけません。

審査に通らないと会社や事業に必要なお金を借りることができないため、
「今の自分や経営状況でも大丈夫なの?」と不安を抱えている方はいます。

そこで、このページでは事業資金融資の審査基準の仕組みや、審査に通りやすくなるコツについてまとめました。

目次

事業資金融資の審査基準や仕組み

会社を経営するにあたり、法人でも個人事業主でも急な出費が起こるケースは少なくありません。

そんな時に役立つのが事業資金融資ですが、お金を借りるには審査を通過する必要があります

この点に関しては、消費者金融から個人でお金を借りる時も事業資金の融資を受ける時も一緒ですね。

まずは事業資金融資の審査基準や仕組みについて簡単に見ていきましょう。

  • 企業規模や財務状態、借入金の規模の適正具合を総合的に判断して融資しても問題ないか審査が行われる
  • 売上予測と資金繰りの正常化で、運転資金の融資基準が決まる
  • 設備投資の妥当性や今後の収益予測で、設備資金の融資基準が決まる

必要書類の内容や面談による結果で、融資を受けられるか決まります。

審査基準を明確にしている金融機関は少ないものの、「この人(この会社)には貸し付けても確実に返済してもらえる」と判断されると、審査に通る仕組みです。

事業資金の融資の審査に通りやすくなるコツ

金融機関の審査に落ちて、事業資金の融資を受けられない方は少なくありません。

急な出費が起こったのにも関わらず、お金を借りられないのは大変ですよね。

ここでは事業資金の融資の審査に通りやすくなるコツを解説していますので、一度目を通しておきましょう。

ある程度の自己資金を用意する

「事業をスタートする資金を全て融資してもらおう」という考え方は間違っています。

融資を受けるには事業計画だけではなく、資金面も含めて長年しっかりとした準備をしていることを
金融機関にアピールしないといけません。

そのため、ある程度の自己資金を用意するのは審査に通りやすくなるコツです。

「自己資金○○○万円くらいはあるよね?」といったポイントを見られますので、
審査を受ける前に次の内容を証明できるようにしておきましょう。

  • あなた名義の通帳のコピー
  • 収益を上げているとわかる預金通帳
  • コツコツとお金を貯めてきたことがわかる履歴

融資をする側は絶対にお金を返して欲しいと思っていますので、資金面のアピールは必須です。

事業計画書を念入りに作成する

起業する目的で事業資金の融資を受けるのであれば、事業計画書の作成は欠かせません。

決められたテンプレートやフォーマットの通りに書かないといけないわけではありませんが、
事業計画書の出来具合で審査に通るのか落ちるのか変わりますよ。

具体的にどのような角度から事業計画を立てれば良いのか目安をまとめてみました。

  • 創業計画書:事業を始める動機や自身の経験、セールスポイントを記載する
  • 売り上げ計画書:販促方法や他店舗のデータをもとにして3年分の計画を立てる
  • 損益計画書:開業してから何にいくら費やすのか3年分は書き出す
  • 資金繰り表:現金の出入りを表す計画書を1ヵ月単位で計算する

審査を有利に進めるために、念入りに事業計画書を作成してください。

最初は少額の融資を希望する

今までに一度も取引がないのにも関わらず、「2,000万円を融資して欲しい」という希望は通りません。

あまりにも高額の事業資金の融資を希望すると審査に落ちやすくなりますので、最初は少額の融資を希望するのがコツです。

事業の規模によって違いはありますが、最初は300万円~1,000万円くらいの融資からスタートし、
不足したら追加の融資を希望するのが一般的な資金調達法になります。

ただし、少額の事業資金の融資を希望していても、下記のように自分の気付かないところで
難易度が上がるケースがありますので注意しないといけません。

  • 個人信用情報に難がある(自分だけではなく株主や両親に対しても注意)
  • 通帳の記載が極端に少ない(面談の際に預金通帳を見せることが多い)
  • 開業したい業種や職種の経験がない

事業計画書などの資料の準備がしっかりとできていても、
「こんなところで審査に落ちるの?」といった落とし穴があります。

この点に関しては開業時だけではなくつなぎ資金の融資を受ける際も一緒ですので、
少しでも審査を突破するための努力をしましょう。

最後のまとめ

事業資金の融資の審査は、「融資しても返済してくれるのか?」
「設備投資は妥当か?」「今後の収益は期待できるのか?」など総合的に判断されます。

怪しい点がいくつかあると、審査に落ちて事業資金の融資を受けることができません。

そのため、「最初に自己資金を用意する」「念入りに事業計画書を作成する」
「少額の融資を希望する」
など、審査に通りやすくなるコツを把握しておくべきですね。

事業資金の融資は資金繰りの手段の一つですので、これから事業をスタートする方も
つなぎ資金を用意したい方もきちんと心得ておいてください。

ビジネクスト

ビジネクスト

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利